profile

HOME > profile


title_bar.jpg

音大時代、理想の演奏を追求する中で心身の健康の重要性や、従来の教育に疑問を感じたことから、整体、バレエ、ピラティス、ヨガ、気功、アレクサンダーテクニーク等ボディワークやエネルギーワーク、メンタルワークを学びはじめる。

2000年「サクラヒルズミュージックラボラトリー」を立ち上げ、心のままの自由な表現、心身に負担をかけない自然なピアノ奏法を提唱、独自のピアノレッスンを行う。腱鞘炎をはじめとする、心身の不調に悩むピアノレッスン生達が全国各地から集まるようになる。

ピアノ指導を通し、親と子の関わり、心、姿勢など「在り方」の大切さを痛感する。「在り方」を変えることが、音楽表現含む、あらゆる物事の改善に繋がると確信する。
2006年、ピアノ指導を休止。これまで学んできた様々なことを活かし、心・身体・生き方に関するワークショップを開始。
現在までに東京・埼玉・神奈川・千葉・茨城・栃木・長野・宮城・札幌・大阪・富山・島根・沖縄・福岡・鹿児島等、全国各地でワークショップを開催する。



また「人の心を潤すことができるピアニストになる」という子供の頃からの想いと共に2006年より演奏活動を開始。
東京・埼玉・神奈川・静岡・札幌・長野・福岡・愛媛・宮城でコンサートを行う。
また、多岐に渡るジャンルのアーティストやタレントのサポート・ツアー演奏や楽曲提供、
ホテルやラウンジの専属ピアニスト、イベントプロデュースなど、年間200を超える本番をこなす。

現在は、これまでの経験を統合し、更なるアーティスト性を追求。
2014年より開始のクラシカルクロスオーヴァーLIVE「SAKURAKO CLASSICS」では、
パーカッショニストよしうらけんじ氏とのコラボレーションによるドビュッシーや、
世界的フラメンコダンサー田村陽子氏とのコラボレーションが好評を博す。
同年より開始の「あなたのテーマソング作ります」企画は、「魂や細胞が揺さぶられる演奏」と反響を呼び、
東京大学附属病院の医師が主催する未来医療研究会で登壇・演奏(於:昭和音楽大学)、新たな波紋が広がっている。

東京音楽大学器楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。
同大学民族音楽研究所にて有賀誠門氏のRhythm Evocation受講。
クラシックピアノを田邊融、武田真理、根津理恵子、和声学を井上淳司
ジャズボーカル&ピアノをKeiko Borjeson,太田寛二の各氏に師事。


【これまでの主なリリース・参加作品等】
2008年 Re-birth (1st.アルバム/企画・制作sakurahills planning)
2008年 コンピレーションアルバム at home wedding に参加(企画・制作 東京国際芸術協会)
2009年 コンピレーションアルバム REFRESH!に参加(企画・制作 東京国際芸術協会)
2011年〜 ケイグラント(タレント・歌手)の編曲・キーボード・コーラス参加
2011年〜 「0歳児からのクラシックコンサート」を全国各地で開催。地方紙掲載や、横浜そごう主催開催など話題となる。
2012年 現代人形劇舞台「邪馬台国のチサとオト」に楽曲提供・演奏者として舞台出演(企画・制作スタジオブルオ)
2014年 荒川家(2nd.ミニアルバム/企画・制作sakurahills planning)

miou-桜子_03.jpgsakurako 1.JPG

DSC_0137.jpgDSC_0137.jpgDSC_0216.jpgDSC_0216.jpg

あなたのテーマソング作りますFBページ

最新&進捗情報はこちら


   produced by Sakurako Arakawa 






banner_lolo.jpgSakuraH_MusicLab_Navy-Blue.png

affc54_d7cb6a6d8f28492083250bebdb07ef93.gif